住宅の売却は生活環境の変化に合わせて

            

戸建て住宅やマンション等の住宅の売却は、やはり生活環境の変化に合わせてその後の人生を見据えて行うのがいいように思います。

生活環境の変化とは、代表的な例でいうと、例えば子供が独立して世帯の人数が減った時です。この場合などは、使わなくなったスペースができてしまう可能性もあるので、これからの暮らしを考えてそれに必要なだけの住宅に引っ越す、そして今住んでる住宅を売却するといったことが考えられます。

また、その他では仕事の環境が変わったとか、身体の調子に変化が見られる場合などもあるかもしれません。仕事の環境が変わるというのは、例えば勤務先であったり勤務地が変わった場合などで、通勤に要する時間を見直すことで、今後の人生のなかでトータルすると大きな時間を作れるかもしれません。

若いころは平気だった長時間の通勤や最寄駅までの長距離移動の年齢とともにきつくなってくるのも事実だと思います。ちょっと思い切って、生活環境を変えるために、引越しを決意し、そのために今住んでいる住宅を売却することで、今後の生活の質が変化していくこともあると思います。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です