売ろうと思ったその時が売り時

            

不動産を処分するということは、そうそうあることではないと思います。

しかもバブル崩壊までの日本の不動産神話のなかでの右肩上がりの状態ならいざしらず、昨今、不動産を売却するということは、売ろうと思ったその時点よりも後になればなれほど土地の価格が下がっていることが多いです。

戸建住宅やマンションなど建物についてはなおさらそうで、年々、日に日に価格は下がって行っているといっても過言ではありません。そして、これからの日本の状況を見ても少子高齢化が進むなかで人口は減っていき必然的に空き家は増えていくということは間違いないと思います。

そんな状況を考えると、「もう少し待ってから、売ろう。」とかいうこの「もう少し」の間にも価格は下がっていくのですから、ある意味特殊な要素がなければ、売ろうと考えたその時をピークに未来にかけて価格は下がっていきます。

つまり「売ろうと思ったその時が売り時」なのです。特殊な要因とは、付近の状況が変わって土地の値段が上がったとか、よっぽどぴったりとマッチする買主が現れた時ですが、それは非常に幸運な例かもしれません。そう考えると「売ろうと思ったその時が売り時」のような気がします。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です