土地を売るなら、ほとんどの場合には早い方が良いと思います。

            

土地を売るなら、ほとんどの場合には早い方が良いと思います。

今後、日本全体の人口が減り、既に空家が増えているということが問題になりつつあります。それだけ家が余っているということです。今後、その空家になっている家が売られていくとしたらさらに需要よりも供給が上回ってきます。

現在は下落傾向にあるとはいえ、そこまで大幅な下落は見せてはいません。そのため、売るならば早めのうちが良いと思います。安くても売れればよいと考える人もいるかもしれませんが、相場が下がりきってしまうとそれ以上下がることはないかもしれませんが、逆に買い手もなくなってしまいます。安くても売れないという状況は避けたいものです。

例外は東京の都心6区ぐらいで今後も地価の上昇が期待できる場合ぐらいかもしれません。しかし、東京都内であっても、賃貸などにしたり、収益が上がらないで寝かせることしかできない土地だとしたら、やはり早めに売ることを視野に入れた方が良さそうです。

都市の場合には、ある程度持つことを想定して、賃貸や駐車場経営など、現在の土地を所有しながら収益を得ることが一番良いかもしれません。少なくとも10年ぐらいは大幅に下落することはないでしょう。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です