旧居売却と新居購入は同時にするべき

            

今の住居を売って新たな住所に移る場合、旧居の売却で得る資金を新居の頭金に充てるのが一般的です。
このとき、旧居が売れなければ頭金は捻出できないということになります。金融機関から資金を融資して乗り切ることは可能ですが、利息負担分だけ損をすることになりますし、そもそも確実に融資を受けられるという保証はありません。
さらに言えば、2軒を所有している状態では税金も2軒分払うことになり、負担は重くのしかかります。希望通りの物件が見つかったからといって即座に購入すると、こうしたリスクを抱えるかもしれません。逆に旧居が先に売れてしまえば住むところがなくなってしまうかもしれません。
一時的な仮住まいに移るにしてもお金がかかりますし、引越しを短期間に2回繰り返すという手間も生じます。
結局のところ、旧居と新居を同時に、あるいは短いスパンで売買することは、経済的な意味ばかりでなく住人の手間を減らす効果があると考えられます。お気に入りの住居が見つかったら、購入前に旧居売却の段取りを決めておくと安心できます。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です